Yahoo!八分ペナルティ

Last Update : 2008/08/xx

Yahoo! JAPANが運営するYahoo!検索は2010年12月からGoogleの検索データを利用するため、このペナルティは実質的に解消してます。

◆ サーバー全体でYahoo!八分に陥ってるサイト

 次のURLアドレスを持つサイト(サイト内の全ページ)は、現在Yahoo! JAPAN(正確には米国Yahoo!)から何かしらのペナルティを受けてると思われます。ここでサイトを運営してる方は、Yahoo! JAPANのウェブ検索を経由して訪問するユーザーというのが、限りなく(ゼロ)の状態だと思います。(インデックス数は2008年8月10日時点)

サイト Yahoo!
インデックス数
Google
インデックス数
XREA.COM s56.xrea.com魚拓 1,360 30,000
s101.xrea.com魚拓 1,520 36,100
s151.xrea.com魚拓 2,760 57,400
s201.xrea.com魚拓 3,330 38,200
s206.xrea.com魚拓 2,760 40,700
land.to yh.land.to [解除確認] 3,110 30,800
fc2.com (FC2 Blog) blog67.fc2.com 35,700 1,250,000

 URLアドレスはサブドメインタイプです。そのため、このペナルティは個別サイトに対して起こっている現象ではなく、このURLアドレスを持ったサイト全体で影響がある「まきぞい現象」なのが特徴です。

(例)
http://(任意のユーザーID).s206.xrea.com/

 この八分現象は2006年の末から始まり、2007年、そして2008年の現時点でも継続中です。

↑TOP↑

◆ Yahoo!八分ペナルティの状態

 まず、Yahoo!曰くスパム対象サイトのペナルティは以下のとおりです。(Yahoo!検索 インフォセンター

検索エンジンスパムに該当すると判断されたウェブページは、インデックスから随時削除されます。

 この八分ペナルティによる具体的な状態は次のようなものです。

1. サイトのタイトル名などユニークなキーワードで検索しても上位(1位)に表示されません。
 ほぼ100パーセント表示されないといってもいい状態です。上位に表示されるのは、自分のサイトを紹介する別サイトや、たとえば以前からサイトを運営していて、その移転前の別ページです。

 この八分現象に陥ってるサイトに対するYahoo!検索(米国Yahoo!&Yahoo! JAPAN)での表示位置には法則があることが分かってます。それは、

「キャッシュ」の項目があるページとないページの境目付近

というです。Yahoo!の検索インデックスには3タイプあり、検索結果では必ず「X−Y−Z」の順番で表示されます。

Yahoo!検索インデックスの3タイプ
----- タイトル文字列 サイト説明文 キャッシュ項目
グループX あり あり あり
グループY あり あり なし
グループZ あり なし なし

 Yahoo!はMETAタグ「NOARCHIVE」などを利用して故意にキャッシュを消してないにもかかわらず、「キャッシュ」の項目が出現しないページは、かなりの高い確立で検索結果の上位に表示されません。(これはYahoo!八分うんぬん関係なく)

 Yahoo!のランク付けは、まず「キャッシュ」の項目が存在するページ群(グループX)がすべて表示され、その下に「キャッシュ」の項目が存在しないページ群(グループY)が表示されます。Yahoo!八分になっているサイトは、「キャッシュ」の項目が存在するページ群(グループX)の最後尾付近、言い換えると「キャッシュ」の項目が存在しないページ群(グループY)のほぼ直前にランク付けされてしまうため、まず上位に来ない仕組みになってます。

2. ページがなかなかYahoo!にインデックスされません。全くインデックスされません。
 自分のサイトのインデックス状態を確認するには、『site:(URLアドレス)』というコマンドをキーワードに検索します。この検索コマンドはGoogleでも機能するので、Googleのインデックスと比較すればYahoo!のインデックスは圧倒的に少ないことが確認できます。

 サーバー全体でのインデックス数比較は上の表にあるとおりです。Googleとの比較で数十分の1という割合なので、個々のサイトでもインデックス数が少ない、あるいはインデックスすらされてないのが当たり前の状態です。(^^;

3. 多くのページで「キャッシュ」の項目が現れません。
 なかなかページがインデックスされない中、運良くインデックスされたページに対して、なぜか「キャッシュ」の項目が出現しないことが多いです。

 Yahoo!では単純にURLアドレスをキーワードに検索すると、「キャッシュ」の項目の存在するページのみヒットする場合があるので、下のように計算すれば「キャッシュ」の項目が出現しないページ数が分かる可能性がありります。(URLアドレスに「&n=100」を付けて100件表示にすると便利!)

検索キーワード 検索結果
site:(URLアドレス) サイトの全インデックス
(URLアドレスだけ) サイトの全インデックス、そのうちキャッシュ項目のあるページのみ
『site:(URLアドレス)』−『(URLアドレスだけ)』= キャッシュ項目のないページ数

※注意
 『(URLアドレスだけ)』で検索した時、検索結果の右上に表示される「(URLアドレス) で検索した結果 1〜100件目 / 約**件 - **秒」の数値はあまり当てにならないので、ページをめくって検索結果の最終ページに移動してインデックス数を把握してください。

.

過去のページ

ロリポップならMovableType・Wordpress設置マニュアルも充実。
あなたも月々263円でブログデビューしてみよう!!

¤ 関連 : 検索エンジン登録 | XMLサイトマップ | Yahoo!検索に登録

.

Copyright © 2005-2012 Kpan. All rights reserved.