HSP命令講座 <objmode命令>

Last Update : 2007/06/xx

PR HSPの書籍 『最新HSP3.2 プログラミング入門』

objmode命令

 HSPに登場するオブジェクトに対して、任意のフォントを適用する設定です。オブジェクトのフォーカス移動の有無を指定する機能もあります。命令名の由来は、「object mode」。

 mes命令(print命令)と違って、オブジェクト(button命令chkbox命令input命令mesbox命令combox命令listbox命令)で表示されるフォントは、必ずfont命令/sysfont命令objmode命令の組み合わせで呼び出しておかないと反映されません。

 objmode オブジェクトのフォント適用設定, フォーカス移動の有無

 第1パラメータには、オブジェクトに適用するフォントの設定です。HSP2では標準フォントが、HSP3ではGUIフォントがデフォルトの状態で適用されています。

第1パラメータ
HSP標準フォント。「FixedSys」(14pt)が適用されます。(HSP2のデフォルト値)
デフォルトGUIフォント。sysfont命令のモード「17」に相当します。(HSP3のデフォルト値)
font命令で指定したフォント。
+16 [HSP2] オブジェクトの外枠に黒ラインを表示。
+32 [HSP2] 入力ボックスとメッセージボックスの外枠くぼみを消す。
+64 [HSP2] 入力ボックスとメッセージボックスの文字列全体の反転フォーカスを無効。

 第2パラメータには、TABキーによるフォーカス移動の有無です。TABキーを押した場合、オブジェクト設置順に矩形の点線枠(button命令chkbox命令listbox命令)、点滅カーソル(input命令mesbox命令)、反転選択(combox命令)がオブジェクト内で行われます。HSP2とHSP3で、デフォルトの状態が変更されています。

第2パラメータ
<HSP2 デフォルト値>
TABキーのフォーカス移動を"無効"にする。
<HSP3 デフォルト値>
TABキーのフォーカス移動を"有効"にする。

 ちなみに、スクリプトコード上から特定オブジェクトにフォーカスを移すには、objsel命令を使用します。また、HSP 3.2以降では、オブジェクトごとにフォーカス移動の挙動を指定できるobjskip命令をサポートしてます。

↑TOP↑

〜HSP3 あれこれ〜
ウィンドウ | オブジェクト | ファイル | フォルダ | キーボード | マウス | メニュー | システム | 文字列 | COM | その他

Copyright © 2005-2011 ゲーム作成ソフトHSPの情報をいろいろと Let's HSP!. All rights reserved.