このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイート

どうも、ウイルスです。 Google検索やFirefox/Chromeの攻撃サイト判定を解消する方法

Last Update : 2010/08/xx

PR 【最高10,000ポイント】 Yahoo!ポイントが無料で 5,000人 に当たる〜♪ 【毎日抽選実施中】

Google検索やFirefox/Chromeの攻撃サイト判定を解除する?

 検索エンジンGoogle(グーグル)は、「Googlebot」という巡回プログラム(クローラー)を使って世界中のページの情報を収集し、そのデータを検索結果に反映してます。ついでに、「Googleセーフブラウジング」(Google Safe Browsing)として、ページ内に不正なコードが存在しないか、ウイルスを散布してないか、ということも調査してます。

 この判定結果は、実際のGoogleの検索結果に反映され(Yahoo! JAPANの検索には反映されません)、またブラウザの「Mozilla Firefox」「Google Chrome」「Apple Safari」にも警告機能が実装されてます。 ちなみに、他のブラウザ「Internet Explorer」「Opera」にも同系の警告機能が実装されてますが、情報源が違ってます。

無料ブラウザ 情報源
Microsoft Internet Explorer
(バージョン8以降)
SmartScreen フィルター
Mozilla Firefox
Google Chrome
Apple Safari
<Google検索結果>
Google Safe Browsing
Opera AVG Data Feed
PhishTank
Netcraft Phishing Site Feed

 Googleセーフブラウジングは、リアルタイムの情報ではないので、特に危険と判定されてないホームページが現在100%安全であるということにはなりません。検出精度はそれなりに高く、危険なサイトと判定された場合の誤検知・誤認識の可能性は低いです。 ただ、まきぞいで警告を受ける場合もあります。

.

[PR] Yahoo!ショッピング

.

ブラウザでの警告機能

 それぞれのブラウザでの実際のスクリーンショットと警告文章は下のようになってます。(「○○○」にはURLアドレスが入る)

無料ブラウザ 警告文章
Mozilla Firefox
ウイルスサイト警告 (Mozilla Firefox)
攻撃サイトとして報告されています!

攻撃サイトとして報告されています!
この Web ページ (○○○) は攻撃サイトであると報告されており、セキュリティ設定に従いブロックされました。
攻撃サイトはあなたの個人情報を盗んだり、コンピュータを乗っ取って他のコンピュータへの攻撃に利用したり、あなたのシステムを破壊するためのプログラムをインストールしようとします。
一部の攻撃サイトでは意図的に有害なソフトウェアを配布していますが、多くの場合は運営者が知らずにまたは許可なく有害なソフトウェアの配布に不正利用されています。

Google Chrome
ウイルスサイト警告 (Google Chrome)
不正なソフトウェアが検知されました

警告: このサイトにアクセスするとコンピュータに損害を与える可能性があります。
○○○ のウェブサイトには、コンピュータに損害を与えたり無断で動作したりする不正なソフトウェアをホストしている可能性があります。不正なソフトウェアをホストしているサイトにアクセスするだけでコンピュータに感染する恐れがあります。
問題の詳細については、○○○ に関する Google セーフ ブラウジング診断ページをご覧ください。
オンラインの有害なソフトウェアから保護する方法についてはこちらをご覧ください。

Apple Safari 警告: このサイトに移動すると、コンピュータに危害が加えられる可能性があります

開こうとしているウェブサイトには、マルウェアが含まれているようです。マルウェアとは、コンピュータに危害を加えたり、所有者の同意なくコンピュータを遠隔操作する悪質なソフトウェアです。マルウェアが含まれているサイトにアクセスするだけで感染する可能性があります。
このサイト または このサイトの一部で見つかった問題の詳細については、○○○ に関する Google Safe Browsing 診断ページをご覧ください。

(Google検索結果) (タイトルの真下に)
『このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります。』

 サンプル用として「Googleセーフブラウジング診断ページ」(malware.testing.google.test/testing/malware)もあります。このマルウェア(ウイルス)の影響がある環境は、基本的にドライブバイ・ダウンロード対策をちゃんとやってないWindowsパソコンだけです。

Microsft Internet Explorer − SmartScreen フィルター
 Googleとデータの出所が違いますが、Microsoftのブラウザ「Internet Explorer」にも「SmartScreen フィルター」という名前の警告機能が用意してます。大きくマルウェア感染警告とフィッシング詐欺警告の2つがあり、どちらも対応してるのはバージョン8以降(IE8)です。バージョン7(IE7)はフィッシングの警告のみ対応してます。

《マルウェア警告》
IE SmartScreenフィルタ (Malware)
これは安全でないことが報告されている Web サイトです。
このページを閲覧しないことを推奨します。この Web サイトは、個人情報や金融情報を盗み取る可能性のある、扱いのコンピュータへの脅威を含む Web サイトであると報告されました。

この Web サイトは、次の脅威を含むサイトとして報告されています:
・ 悪意のあるソフトウェアの脅威: このサイトには、コンピューターに保存または入力された個人情報を悪意のある人間に漏らす可能性のあるウイルスまたはその他ソフトウェア プログラムへのリンクがあります。

《フィッシング警告》
IE SmartScreenフィルタ (Phishing)
(〜前半部分略〜)

この Web サイトは、次の脅威を含むサイトとして報告されています:
・ フィッシングの脅威: これは、信頼されている Web サイトに偽装することによって、コンピューターのユーザーを騙して個人情報や金融情報を盗みとる試みを行っているフィッシング Web サイトです。

.

Googleウェブマスターツールで再審査と警告情報の確認

 まず自分のホームページが改ざんされてないか調べて復旧してください。

  1. サイトのHTMLコードに見知らぬ不正なコード(JavaScript、IFRAMEタグ)が挿入されてないか? → 詳細
  2. 運営に利用してるWindowsパソコンがウイルスに感染してFTPアカウント情報が盗まれてないか?
  3. 脆弱性のある古いバージョンのWebアプリケーションで運用してないか? (WordPress、Movable Typeなど)
  4. .htaccessファイルの不正なアップロード・書き換えが行われてないか? → 詳細
  5. 管理外の外部のアクセス解析、広告コード、ブログパーツの改ざん被害でまきぞいを受けてないか?

 これらの警告を手動で解消・解除するには、Googleが無料で提供してるサイト管理ツール「Googleウェブマスターツール」で、ホームページを再審査してもらう必要があります。安全が確認されれば1日程度で解除されます。あらかじめGoogleアカウントの登録(無料)と、ホームページの管理者であること証明する認証作業が必要です。

 この管理ツール内には、サイドメニューに[診断]→[マルウェア]という項目が用意されていて、改ざんされてるファイルや改ざんコードを具体的に示して警告表示の理由が掲載されてます。

.

オンラインウイルススキャン | オンラインファイルスキャン | 無料ウイルス対策 | Macのウイルス対策 | Linxuのウイルス対策 | 貞子ウイルス

.

Copyright © 2013 Kpan. All rights reserved.