HSP命令講座 <str関数>

Last Update : 2007/12/xx

PR 話題のPCゲームをチェック!

str関数 (HSP 3.x)

 数値自体や数値が入った変数を文字列に変換する関数です。関数名の由来は、「string」(文字列)から。

 HSP2では命令形式str命令として提供されてきましたが、HSP3では関数形式になりました。そして、処理内容も変わっており、HSP2に存在した変換オプションはなくなっており、桁(ケタ)を揃えて数値の先頭に「0」を付ける、16進数に変換する、というようなことはできません。もし、そのような処理を望む場合はstrf関数を使ってください。

 str(変数or数値)

;	数値+数値=数値
	y = 10
	mes y + 10

;	文字+数値=文字
	x = 10
	mes str(x) + 10

↑TOP↑

〜HSP3 あれこれ〜
ウィンドウ | オブジェクト | ファイル | フォルダ | キーボード | マウス | メニュー | システム | 文字列 | COM | その他

Copyright © 2005-2011 ゲーム作成ソフトHSPの情報をいろいろと Let's HSP!. All rights reserved.