HSP命令講座 <objprm命令>

Last Update : 2009/04/xx

PR HSPの書籍 『逆引き HSP3プログラミング事典 応用編』

objprm命令 (各種オブジェクトの制御)

 HSPに登場するオブジェクトに対して、色々な制御を行う命令です。命令名の由来は、「object parameter」から。

 objprm オブジェクトID, 数値 or 文字列

 対象オブジェクトは、標準命令で設置できる「ボタン」(button命令)、「チェックボックス」(chkbox命令)、「入力ボックス」(input命令)、「メッセージボックス」(mesbox命令)、「リストボックス」(listbox命令)、「コンボボックス」(combox命令)の全6種です。Win32コントロールを設置するwinobj命令、ActiveXコントロールを設置するaxobj命令に対しては利用できません。

 第1パラメータには、スクリプト上でオブジェクト設置順に0から割り振られる「オブジェクトID」を指定します。このオブジェクトIDはHSP独自の機能です。ちなみに、オブジェクト設置命令を呼び出した直後のシステム変数statには、オブジェクトIDの値が格納されてます。

 第2パラメータには、処理させる内容を指定します。下のように、オブジェクトごとに処理内容が異なります。また、数値を指定したか文字列を指定したかで具体的な処理の中身も変わってきます。

オブジェクト 第2パラメータの処理内容
数値 文字列
button命令 (ボタン) 表示文字列の変更
chkbox命令 (チェックボックス) チェックマークのオン(1)・オフ(0) [HSP2] 表示文字列の変更
[HSP 3.0/3.1] (エラー)
[HSP 3.2〜] 表示文字列の変更
input命令 (入力ボックス)
mesbox命令 (メッセージボックス)
内容の変更 (数値型) 内容の変更 (文字列型)
listbox命令 (リストボックス)
combox命令 (コンボボックス)
特定項目の反転選択
(※ヘルプでは触れられてない)
項目文字列全体の変更

 objprm命令を呼び出すと、対象のオブジェクトに必ずフォーカスが移ります。フォーカスを変えずに処理させたい場合は、sendmsg命令でウィンドウメッセージを送信する必要があります。

↑TOP↑

オブジェクト関連命令

 HSP3 あれこれ (オブジェクト)では、オブジェクトに関連した各種命令の一覧表を掲載してます。

↑TOP↑

〜HSP3 あれこれ〜
ウィンドウ | オブジェクト | ファイル | フォルダ | キーボード | マウス | メニュー | システム | 文字列 | COM | その他

Copyright © 2005-2011 ゲーム作成ソフトHSPの情報をいろいろと Let's HSP!. All rights reserved.