HSP命令講座 <mousew変数>

Last Update : 2008/01/xx

PR HSPの書籍 『逆引き HSP3プログラミング事典 応用編』

システム変数 mousew

 マウスに付いている「ホイール」の回転移動量が返るHSPのシステム変数です。HSP3から新規に導入されたものになります。変数名の由来は「mouse wheel」から。

 利用にはいくつか注意点があり、まず取得できるのはフォーカスのあるウィンドウのみです。そして、当たり前ですが、誰もがホイール付きマウスを利用しているとは限らないということです(今はホイール付きマウスが主流ですが)。対応OSはHSP3の対応環境と同じですが、Windows 98以降になります。

 返ってくる値は、「120」の倍数値です。+値は前方向に回転、−値は後方向(手前)に回転したことを意味します。回転を行っていない通常時は「0」です。

 ちなみに、ホイールボタン(中ボタン)のクリックを取得するには、onclick命令を利用します。

☆ 関連
 HSP3 あれこれ (マウス編) ... マウス関連の命令、発展的なサンプルコード。

↑TOP↑

サンプルスクリプト (マウスホイール回転量の取得)

 テキトーなサンプルスクリプト。

;	ホイール移動量を見る

	repeat
		title ""+mousew

		wait 10
	loop
;	画像の拡大縮小

;	HSP3付属サンプルの画像
	buffer 1
	picload "sample\\demo\\onibtn.gif"

	gsel

	x = 136
	y = 50
	repeat
		redraw 0

		wheel = mousew
		if wheel > 0 {
			x /= 2
			y /= 2
		}
		if wheel < 0 {
			x *= 2
			y *= 2
		}

;		塗りつぶし
		color $FF, $FF, $FF
		boxf

;		変倍コピー
		gzoom x, y, 1, 0, 0, 136, 50

		redraw 1

		wait 16
	loop

↑TOP↑

〜HSP3 あれこれ〜
ウィンドウ | オブジェクト | ファイル | フォルダ | キーボード | マウス | メニュー | システム | 文字列 | COM | その他

Copyright © 2005-2011 ゲーム作成ソフトHSPの情報をいろいろと Let's HSP!. All rights reserved.